レディース , ワンピース , ロングワンピース,2500円,シルクロングワンピース,designcot.com,/harengiform582079.html,リステア 花柄 リステア 花柄 セール特価 シルクロングワンピース リステア 花柄 セール特価 シルクロングワンピース レディース , ワンピース , ロングワンピース,2500円,シルクロングワンピース,designcot.com,/harengiform582079.html,リステア 花柄 2500円 リステア 花柄 シルクロングワンピース レディース ワンピース ロングワンピース 2500円 リステア 花柄 シルクロングワンピース レディース ワンピース ロングワンピース

特別セール品 リステア 花柄 セール特価 シルクロングワンピース

リステア 花柄 シルクロングワンピース

2500円

リステア 花柄 シルクロングワンピース

商品の状態目立った傷や汚れなし
商品のサイズM
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法ゆうゆうメルカリ便
発送元の地域未定
発送までの日数2~3日で発送






袖丈···長袖 カラー···グリーン 柄・デザイン···花柄 2度程着用しました。 シルク素材でとても上品なワンピースです。

リステア 花柄 シルクロングワンピース

Node.js FileStreamの読み込みを一時停止しつつ、一括登録を実行する

郵便番号データをTedious BulkLoadで一括登録してみました。
Node.js Tedious でBulkLoadを使用して郵便番号データを一括登録

このときは郵便番号約12万件をすべて読みこんで一括登録しましたが、
登録するデータ件数が増えた場合を考慮し、1万件毎にBulkLoadするよう修正してみます。


最初のサンプル



1万件読み込んだらBulkLoadを実行すればよいだろうと修正したソースがこちら。


  1. const fs = require('fs');
  2. const readline = require('readline')
  3. const { Connection, TYPES } = require('tedious')
  4. // 設定に従いデータベースへ接続
  5. function create_connection(config) {
  6.     
  7.     const connection = new Connection(config)
  8.     // Promiseをnewした時点で引数のfunctionが実行される
  9.     const p = new Promise(function(resolve, reject) {
  10.         connection.on('connect', err => {
  11.             if (err) {
  12.                 reject(err)
  13.             } else {
  14.                 resolve(connection)
  15.             }
  16.         });
  17.         connection.connect()
  18.     });
  19.     return p
  20.     
  21. }
  22. // BulkLoadの実行
  23. function execBulkLoad(connection, rows) {
  24.     const p = new Promise(function(resolve, reject) {
  25.         // BulkLoad用の設定
  26.         const options = {}
  27.         const bulkLoad = connection.newBulkLoad('postal_code', options, function (error, rowCount) {
  28.             resolve('inserted ' + rowCount + ' rows');
  29.         })
  30.         bulkLoad.addColumn('code', TYPES.Char, { nullable: false })
  31.         bulkLoad.addColumn('address', TYPES.NVarChar, { length: 100, nullable: false })
  32.         rows.forEach((row) => {
  33.             // { code: '郵便番号', address: '住所'} の形式のデータをaddRow
  34.             bulkLoad.addRow(row)
  35.         })
  36.         // バルクロード実行
  37.         connection.execBulkLoad(bulkLoad)
  38.     });
  39.     return p
  40. }
  41. async function main() {
  42.     // データベースに接続
  43.     const config = {
  44.         authentication: {
  45.             options: {
  46.                 userName: 'sa',
  47.                 password: 'P@ssw0rd'
  48.             },
  49.             type: 'default'
  50.         },
  51.         server: 'localhost',
  52.         options: {
  53.             database: 'sample',
  54.             encrypt: false
  55.         }
  56.     }
  57.     const connection = await create_connection(config);
  58.     const stream = fs.createReadStream('./KEN_ALL_UTF8.CSV', 'utf8')
  59.     const reader = readline.createInterface({ input: stream })
  60.     let rows = []
  61.     let rowCount = 0
  62.     reader.on('line', async (data) => {
  63.         // 郵便番号情報を取得
  64.         const item = data.split(',').map((value) => { return value.replace(/^"+|"+$/g,'') })
  65.         const code = item[2]
  66.         const address = item[6] + item[7] + item[8]
  67.         rows.push({code: code, address: address})
  68.         if (rows.length == 10000) {
  69.             const msg = await execBulkLoad(connection, rows)
  70.             console.log(msg)
  71.             rows = []
  72.         }
  73.         rowCount++
  74.     })
  75.     reader.on('close', async () => {
  76.         // 登録実行
  77.         if (rows.length) {
  78.             const msg = await execBulkLoad(connection, rows)
  79.             console.log(msg)
  80.         }
  81.         console.log(rowCount)
  82.         connection.close()
  83.     })
  84. }
  85. main()




実行すると、半分程度しか登録されません。


$ node app.js
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 876 rows
124517



読み込んだ件数12万件に対し、インサートログは60,874件。
実際にデータベースへ登録されていたのは、60,876件でした。
なんでだ?



pause / resume



BulkLoadを実行中もファイル読み込みが実行されるのでデータ件数が合わないのでは?

ドキュメントを見てみると、streamにはpauseとresumeというメソッドがあります。
https://nodejs.org/api/stream.html#stream_readable_pause

BulkLoad前にpauseを呼び出し。
終わったらresumeを呼び出して処理再開としてみます。

修正箇所の抜粋です。


  1.     reader.on('line', async (data) => {
  2.         // 郵便番号情報を取得
  3.         const item = data.split(',').map((value) => { return value.replace(/^"+|"+$/g,'') })
  4.         const code = item[2]
  5.         const address = item[6] + item[7] + item[8]
  6.         rows.push({code: code, address: address})
  7.         if (rows.length == 10000) {
  8.             reader.pause() // 読み込みを一旦停止
  9.             const msg = await execBulkLoad(connection, rows)
  10.             console.log(msg)
  11.             rows = []
  12.             reader.resume() // 読み込み再開
  13.         }
  14.         rowCount++
  15.     })





$ node app.js
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 2091 rows
124517



読み込んだレコード数と登録件数がかなり近づきましたが、まだ漏れがあります。



await pause



pauseが実行されるまでに読み込んでしまうデータがあるのでは?と思い、pauseにawaitをつけてみました。


  1.     reader.on('line', async (data) => {
  2.         // 郵便番号情報を取得
  3.         const item = data.split(',').map((value) => { return value.replace(/^"+|"+$/g,'') })
  4.         const code = item[2]
  5.         const address = item[6] + item[7] + item[8]
  6.         rows.push({code: code, address: address})
  7.         if (rows.length == 10000) {
  8.             await reader.pause() // 読み込みを一旦停止
  9.             const msg = await execBulkLoad(connection, rows)
  10.             console.log(msg)
  11.             rows = []
  12.             reader.resume() // 読み込み再開
  13.         }
  14.         rowCount++
  15.     })




$ node app.js
inserted 10376 rows
inserted 10311 rows
inserted 10123 rows
inserted 10291 rows
inserted 10219 rows
inserted 10029 rows
inserted 10024 rows
inserted 10316 rows
inserted 10190 rows
inserted 10161 rows
inserted 10221 rows
inserted 10165 rows
inserted 2091 rows
124517




これで読み込んだ件数と登録件数が一致してくれました。
・・・しかし、指定した件数でのデータ登録とはならず、分割境界値付近での挙動が気になります。
エディタにもawaitの意味がないという警告が表示されますし。



pause event



pauseしたときに発生するイベント内でデータ登録を行うよう修正しました。


  1. const fs = require('fs');
  2. const readline = require('readline')
  3. const { Connection, TYPES } = require('tedious')
  4. // 設定に従いデータベースへ接続
  5. function create_connection(config) {
  6.     
  7.     const connection = new Connection(config)
  8.     // Promiseをnewした時点で引数のfunctionが実行される
  9.     const p = new Promise(function(resolve, reject) {
  10.         connection.on('connect', err => {
  11.             if (err) {
  12.                 reject(err)
  13.             } else {
  14.                 resolve(connection)
  15.             }
  16.         });
  17.         connection.connect()
  18.     });
  19.     return p
  20.     
  21. }
  22. // BulkLoadの実行
  23. function execBulkLoad(connection, rows) {
  24.     const p = new Promise(function(resolve, reject) {
  25.         // BulkLoad用の設定
  26.         const options = {}
  27.         const bulkLoad = connection.newBulkLoad('postal_code', options, function (error, rowCount) {
  28.             resolve('inserted ' + rowCount + ' rows (input:' + rows.length+')');
  29.         })
  30.         bulkLoad.addColumn('code', TYPES.Char, { nullable: false })
  31.         bulkLoad.addColumn('address', TYPES.NVarChar, { length: 100, nullable: false })
  32.         rows.forEach((row) => {
  33.             // { code: '郵便番号', address: '住所'} の形式のデータをaddRow
  34.             bulkLoad.addRow(row)
  35.         })
  36.         // バルクロード実行
  37.         connection.execBulkLoad(bulkLoad)
  38.     });
  39.     return p
  40. }
  41. async function main() {
  42.     // データベースに接続
  43.     const config = {
  44.         authentication: {
  45.             options: {
  46.                 userName: 'sa',
  47.                 password: 'P@ssw0rd'
  48.             },
  49.             type: 'default'
  50.         },
  51.         server: 'localhost',
  52.         options: {
  53.             database: 'sample',
  54.             encrypt: false
  55.         }
  56.     }
  57.     const connection = await create_connection(config);
  58.     const stream = fs.createReadStream('./KEN_ALL_UTF8.CSV', 'utf8')
  59.     const reader = readline.createInterface({ input: stream })
  60.     let rows = []
  61.     let bulkRows = []
  62.     let rowCount = 0
  63.     reader.on('line', (data) => {
  64.         // 郵便番号情報を取得
  65.         const item = data.split(',').map((value) => { return value.replace(/^"+|"+$/g,'') })
  66.         const code = item[2]
  67.         const address = item[6] + item[7] + item[8]
  68.         rows.push({code: code, address: address})
  69.         
  70.         if (rows.length == 10000) {
  71.             bulkRows.push(rows)
  72.             rows = []
  73.             reader.pause() // 読み込みを一旦停止
  74.         }
  75.         rowCount++
  76.     })
  77.     reader.on('pause', async () => {
  78.         // reader.pauseに加え、closeイベントの前にも呼び出される
  79.         // 登録内容が存在しない場合はスキップ
  80.         if (bulkRows.length == 0) {
  81.             return
  82.         }
  83.         const msg = await execBulkLoad(connection, bulkRows.pop())
  84.         console.log(msg)
  85.         reader.resume() // 読み込み再開
  86.     })
  87.     reader.on('close', async () => {
  88.         // 登録実行
  89.         if (rows.length > 0) {
  90.             const msg = await execBulkLoad(connection, rows)
  91.             console.log(msg)
  92.         }
  93.         console.log(rowCount)
  94.         connection.close()
  95.     })
  96. }
  97. main()




狙い通りの実行結果です。


$ node app.js
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 4517 rows (input:4517)
124517


関連記事

fastify データベースを検索した結果をhtmlで表示する

fastifyでデータベースの検索やhtmlの表示を試してみました。
fastifyで郵便番号検索APIのサンプル
fastifyでhtmlビューを表示する(point-of-view, ejs)

2つを組み合わせて、データベースを検索した結果をhtmlで表示してみます。


サンプル



サーバー部分は以下のようになりました。

・server.js


  1. const fastify = require('fastify')({ logger: true })
  2. const postal = require('./module/postal')()
  3. fastify.register(require('point-of-view'), {
  4.     engine: {
  5.         ejs: require('ejs')
  6.     }
  7. })
  8. fastify.get('/', async (req, reply) => {
  9.     // 検索結果をviewに渡す
  10.     const rows = await postal.search('銀座')
  11.     reply.view('/views/index.ejs', { rows: rows })
  12. })
  13. fastify.listen(3000, '0.0.0.0', err => {
  14.     if (err) throw err
  15.     console.log(`server listening on ${fastify.server.address().port}`)
  16. })




データベースを検索する処理です。

・module/postal.js


  1. const { Connection, Request } = require('tedious')
  2. module.exports = () => {
  3.     // 接続情報
  4.     const config = {
  5.         authentication: {
  6.             options: {
  7.                 userName: 'sa',
  8.                 password: 'P@ssw0rd'
  9.             },
  10.             type: 'default'
  11.         },
  12.         server: 'localhost',
  13.         options: {
  14.             database: 'sample',
  15.             encrypt: false,
  16.             rowCollectionOnRequestCompletion : true
  17.         }
  18.     }
  19.     // 設定に従いデータベースへ接続
  20.     this.create_connection = (config) => {
  21.     
  22.         const connection = new Connection(config)
  23.         // Promiseをnewした時点で引数のfunctionが実行される
  24.         const p = new Promise(function(resolve, reject) {
  25.             connection.on('connect', err => {
  26.                 if (err) {
  27.                     reject(err)
  28.                 } else {
  29.                     resolve(connection)
  30.                 }
  31.             })
  32.             connection.connect()
  33.         })
  34.         return p
  35.         
  36.     }
  37.     // SQLの実行
  38.     this.execute = (connection, sql) => {
  39.         const p = new Promise(function(resolve, reject) {
  40.             const request = new Request(sql, (err, rowCount, columns) => {
  41.                 if (err) {
  42.                     reject(err)
  43.                     return
  44.                 }
  45.                 let rows = []
  46.                 columns.forEach(column => {
  47.                     let row = {}
  48.                     column.forEach(field => {
  49.                         row[field.metadata.colName] = field.value
  50.                     });
  51.                     rows.push(row)
  52.                 });
  53.                 
  54.                 resolve(rows)
  55.             })
  56.             connection.execSql(request)
  57.         });
  58.         return p
  59.     }
  60.     // 住所の一部でデータを検索
  61.     this.search = async (address) => {
  62.         const connection = await this.create_connection(config)
  63.         const rows = await this.execute(connection, "SELECT * FROM postal_code WHERE address LIKE '%" + address + "%' ORDER BY code")
  64.         connection.close()
  65.         return rows
  66.     }
  67.     return this
  68. }




表示部分はこのようになりました。

・views/index.ejs


  1. <html lang="ja">
  2. <head>
  3. <meta charset="UTF-8">
  4. <title>fastifyサンプル</title>
  5. <style>
  6. table {
  7.     border: solid 2px;
  8.     border-collapse: collapse;
  9. }
  10. th, td {
  11.     border: solid 2px;
  12.     padding: 4px;
  13. }
  14. </style>
  15. </head>
  16. <body>
  17.     <table>
  18.         <thead>
  19.             <tr>
  20.                 <th>郵便番号</th>
  21.                 <th>住所</th>
  22.             </tr>
  23.         </thead>
  24.         <tbody>
  25.             <% rows.forEach(row => { %>
  26.                 <tr>
  27.                     <td><%= row.code %></td>
  28.                     <td><%= row.address %></td>
  29.                 </tr>
  30.             <% }) %>
  31.         </tbody>
  32.     </table>
  33. </body>
  34. </html>




サーバーを起動してブラウザで表示してみると、ちゃんと住所に「銀座」を含む結果が表示されました。



関連記事

fastify 入力データの検証(validation)

fastifyで入力データの検証を試してみます。

id:数値
address:文字列 必須

というパターンだとこんな感じになりました。
受け取ったデータをそのまま送り返しています。


  1. const fastify = require('fastify')({ logger: true })
  2. const opts = {
  3.     schema: {
  4.         body: {
  5.             type: 'object',
  6.             required: [ // addressを必須項目に
  7.                 'address'
  8.             ],
  9.             properties: {
  10.                 id: { type: 'number'},
  11.                 address: { type: 'string' }
  12.             }
  13.         }
  14.     }
  15. }
  16. fastify.post('/', opts, async (req, reply) => {
  17.     // jsonデータはreq.bodyに設定される
  18.     return req.body
  19. })
  20. fastify.listen(3000, '0.0.0.0', err => {
  21.     if (err) throw err
  22.     console.log(`server listening on ${fastify.server.address().port}`)
  23. })




正常系

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"id": 123, "address":"住所"}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"id":123,"address":"住所"}



idが文字列(数値へ変換可能)

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"id": "123", "address":"住所"}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"id":123,"address":"住所"}


自動的に数値へ変換されました。

idが文字列(数値へ変換不可)

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"id": "abc", "address":"住所"}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"statusCode":400,"error":"Bad Request","message":"body.id should be number"}


ちゃんとエラーになりました。

idがなし

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"address":"住所"}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"address":"住所"}



addressが空白文字列

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"id": 123, "address":""}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"id":123,"address":""}



addressが数値

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"id": 123, "address":456}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"id":123,"address":"456"}



addressがなし

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"id": 123}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"statusCode":400,"error":"Bad Request","message":"body should have required property 'address'"}




このvalidationは、「Ajv」を使用しているとのことで、詳しい使い方はこちらのドキュメントを見たほうが良さそうです。
https://ajv.js.org/json-schema.html

関連記事

fastify json形式のPOSTデータ受け取り

fastifyはPOSTデータはjson形式を想定しており、x-www-form-urlencoded形式のデータ受信にはひと工夫必要でした。
fastifyでPOSTデータ受信時、FST_ERR_CTP_INVALID_MEDIA_TYPE

POSTデータがjson形式の場合について見てみます。

プログラム修正




  1. {"address":"銀座"}



という形式で検索パラメーターを送信することにします。
json形式のPOSTデータは自動的にパースされ、req.bodyに設定されました。


  1. const fastify = require('fastify')({ logger: true })
  2. const postal = require('./module/postal')()
  3. fastify.post('/', async (req, reply) => {
  4.     // jsonデータはreq.bodyに設定される
  5.     const address = req.body.address
  6.     const rows = await postal.search(address)
  7.     return rows
  8. })
  9. fastify.listen(3000, '0.0.0.0', err => {
  10.     if (err) throw err
  11.     console.log(`server listening on ${fastify.server.address().port}`)
  12. })




動作確認


$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"address":"銀座"}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
[
    {"code":"0691331","address":"北海道夕張郡長沼町銀座"},
    {"code":"1040061","address":"東京都中央区銀座"}
...
]

紫花菜(むらさきはなな) 4センチポット苗加州 鶴丸 ソハヤ チケットケース ミュージカル 御手杵 花柄 石切丸 青江 ブロマイド 村正 三日月 何度か袋から出し入れしているものもあるので未使用に近いにしてます バラ売り不可 即購入可 よろしくお願い致します 3000円 膝丸 髭切 クリアカード 小狐丸 刀ミュ 籠手切 今剣 水心子 使用していませんが 岩融 商品の状態未使用に近い配送料の負担送料込み グッズ 刀剣乱舞 アクスタ ランダム和紙一筆箋 小狐丸 和紙一筆箋 缶バッジ シルクロングワンピース ソハヤ 出品者負担 桑名江 物吉 クリアカード 陸奥守 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域北海道発送までの日数1~2日で発送ミュージカル リステア未使用 ルシードエル 髪のベタつきリセットスプレー #お正月飾り#お正月#年末年始#新年#鏡餅#門松#初夢#冬#しめ縄 #ハンドメイド#お家時間#北欧暮らしの道具店#中川政七商店#天然生活#クウネル#暮らしの道具 本体:シナノキ 台紙:紙 台座:ブナ 花柄 出品者負担 新年 個体差がありますので ˃̵ᴗ˂̵ ハンドメイドの為 干支 メルカリ便へ変更できますので 購入前にコメント下さいませ \\在庫はごく僅かです 約W11×D11×H11㎝ 縁起物 飾り 2022 素材 若干の欠けやキズ \\専用のお箱に入れてお届けします♡ 定形外 表記サイズは仕上がりサイズとなっております 専用の箱につきましても 再入荷は未定になります 箱の歪み お正月にぴったりな木製の鏡餅オブジェです 木ならではの温かな質感がお部屋にぬくもりを与え ほっこりと癒しの空間に導いてくれます インテリアにスッと溶け込む 今からでも飾りたくなる鏡餅 新しい年を祝うアイテムこそ お気に入りを飾ってお迎えしたいものです サイズ ご注意ください 寅 お正月 予めご了承ください 未使用配送料の負担送料込み 定型外郵便を予定しておりますが 商品の状態新品 定形 こちらも予めご了承ください 虎 発送元の地域岐阜県発送までの日数1~2日で発送\\毎年ご好評頂きありがとうございます♡ ラベルを剥がした跡がありますので 折れ曲がっていたり 配送の方法普通郵便 リステア オブジェ 1499円 木目や塗装など 新品 破れ 鏡餅 濡れると色移りする場合がありますので 木製 シルクロングワンピース 汚れがある場合があります 200円で 国内産Supreme Hanes Tee 1枚1750円 シルクロングワンピース サイズ 肩幅42.5センチ 身幅51 着丈63 着用7〜8回 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域神奈川県発送までの日数4~7日で発送ホリゾンタルカラー 襟含まず 商品の状態目立った傷や汚れなし商品のサイズM配送料の負担送料込み ユナイテッドアローズで購入 三年位前に購入 出品者負担 品のある綺麗なグリーンです リステア 花柄 ポロシャツ ユナイテッドアローズ ピスタチオ ポロシャツ カラーmiyacoニットスカートセットアップリステア 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域大阪府発送までの日数4~7日で発送カラー···イエロー×ビジュー 長さ 出品します 1750円 ヘアクリップ HIVER 他の物を使っているので 出品者負担 商品の状態新品 VENDOME 袋付きです シルクロングワンピース 未使用配送料の負担送料込み …3cm 定価…7000円 新品 花柄 クリップ合わせ付け用で購入しましたがanyFAM パーカー リボン サイズ100 ヘアオイルが他の物を使用していて使うタイミングがないため出品します 出品者負担 シルクロングワンピース 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域千葉県発送までの日数2~3日で発送■購入時期 花柄 ■匂い ホワイトムスク 475円 商品の状態未使用に近い配送料の負担送料込み リステア メデュラ のヘアオイル×1本27g 試しに1ポンプ使用しました 8月上旬 MEDULLAヘアオイル 箱はありません MEDULLA中古 110 ダブルB 長袖Tシャツ 緑 MIKIHOUSE ミキハウス ロンT放置しておりました ジャンク品 新品未使用です 不良品であります 掃除すれば使えるという方に如何ですか? また 出品者負担 最近は充電が出来なくなり パーツは リステア 写真3枚目のパーツですが こちらは この様な機械修理にお詳しく スタンダード 吸引機能 未使用配送料の負担送料込み こちらの価格でご理解ください コードレス クリーナ 1490円 IROBOT : 繰り返しになりますが 吸引機能有 消費電力クラス別: 掃除もしていない状態です ではありますが 200W未満 #IROBOT #IROBOT IROBOT 完全未使用新品のものです もの自体古く タイプ3: 未使用にしてありますが 郵送料が恐らく1000円程かかりますので 花柄 GRAY クリーナコードタイプ: ゆえ ロボット 商品の状態新品 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域東京都発送までの日数1~2日で発送10年程前に購入したルンバです ロボットタイプ クリーナ方式: シルクロングワンピース 780 color: 780 ルンバ本体は 商品状態を新品ラリンボディミスト花柄 出品者負担 リステア ジャケット ウェア 神経質な方はご遠慮下さい シルクロングワンピース M 中古品ですので サイズ: 1000円 STAGE 新品購入して2回程コースで着用しました 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み 汚れ等なく綺麗な方だと思います 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域福岡県発送までの日数2~3日で発送ツアーステージの2wayウインドブレーカーです TOURKumKum様専用 Joie ジョイー Arc360 アーク360° チャイルド多少の歪みもございます 目が不揃いだったり ハンドメイド 花柄 スナップボタンで簡単に開閉できるようになっています カード用の小さめ収納 ハンドメイド 出品者負担 未使用配送料の負担送料込み ボールペンホルダーもつけました 商品の状態新品 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域愛知県発送までの日数1~2日で発送ご覧いただきありがとうございます そこもハンドメイドの"味"と思ってくださる方のご縁をお願います 3箇所 大小の収納が2箇所あります 素人の趣味手芸になります ホワイト☆様専用 シルクロングワンピース 325円 糸始末が下手だったり マルチケースギンガムチェック刺繍 リステア 母子手帳も2冊収納できるようになっています 両側に小さめポッケもあり とてもかわいいカバーができたと思います 母子手帳ケース 通帳 母子手帳ケース カードなど収納できるマルチケースとしてもお使いいただけます ギンガムチェック刺繍でハート柄を刺してみました

fastifyでPOSTデータ受信時、FST_ERR_CTP_INVALID_MEDIA_TYPE

fastifyで郵便番号検索APIを作ってみました。
fastifyで郵便番号検索APIのサンプル

検索する住所をGETのクエリーパラメーターではなく、POSTで送信するよう変更してみます。


最初の実装



「fastify.getをfastify.postに変えれば動くだろう」と思い変更してみました。

・server.js


  1. const fastify = require('fastify')({ logger: true })
  2. const postal = require('./module/postal')()
  3. /*
  4. fastify.get('/', async (req, reply) => {
  5.     // クエリーパラメーター取得
  6.     const address = req.query.address
  7.     const rows = await postal.search(address)
  8.     return rows
  9. })
  10. */
  11. // postに変更
  12. fastify.post('/', async (req, reply) => {
  13.     const address = req.query.address
  14.     const rows = await postal.search(address)
  15.     return rows
  16. })
  17. fastify.listen(3000, '0.0.0.0', err => {
  18.     if (err) throw err
  19.     console.log(`server listening on ${fastify.server.address().port}`)
  20. })




curlで動作を確認すると、FST_ERR_CTP_INVALID_MEDIA_TYPE
Unsupported Media Type: application/x-www-form-urlencoded
というエラーになります。


$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data 'address=%E9%8A%80%E5%BA%A7' -X POST
{"statusCode":415,"code":"FST_ERR_CTP_INVALID_MEDIA_TYPE","error":"Unsupported Media Type","message":"Unsupported Media Type: application/x-www-form-urlencoded"





POST対応



調べてみると、デフォルトでPOSTはjson形式のみを受け付け、x-www-form-urlencodedなデータはエラーになるようです。
multipartも同様の模様。
Giving error with node/fastify Unsupported Media Type: application/x-www-form-urlencoded

fastify-formbodyを使うといいよとのこと。
fastify-formbody

インストールします。


$ npm install fastify-formbody




インストールしたfastify-formbodyを登録し、POSTデータをreq.bodyから取得するよう修正します。


  1. const fastify = require('fastify')({ logger: true })
  2. const postal = require('./module/postal')()
  3. // POST対応
  4. fastify.register(require('fastify-formbody'))
  5. // postに変更
  6. fastify.post('/', async (req, reply) => {
  7.     // req.bodyからPOSTデータを取得するよう変更
  8.     //const address = req.query.address
  9.     const address = req.body.address
  10.     const rows = await postal.search(address)
  11.     return rows
  12. })
  13. fastify.listen(3000, '0.0.0.0', err => {
  14.     if (err) throw err
  15.     console.log(`server listening on ${fastify.server.address().port}`)
  16. })




これでPOSTデータを受け取り、検索が実行できるようになりました。


$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data 'address=%E9%8A%80%E5%BA%A7' -X POST
[
     {"code":"0691331","address":"北海道夕張郡長沼町銀座"},
     {"code":"1040061","address":"東京都中央区銀座"}
...
]


関連記事

プロフィール

Author:symfo
blog形式だと探しにくいので、まとめサイト作成中です。
Symfoware まとめ

PR




検索フォーム

月別アーカイブ